aマンション購入後は柔軟性も必要

subpage01

マンションを購入するときにローンを利用した場合、毎月返済をする必要が出てきます。

高額なお金を借りることが多いので、購入には慎重さが必要です。

しかし、どんなに考えてきちんとした計画を立てて購入したとしても、時には不測の事態が起こる可能性もあります。

例えば、マンション購入後すぐに転勤になったとかです。


買ったばかりのマンションを手放すことも視野に入れる必要が出てきますが、このような事態のときに、頑なにマイホームを手放したくないと考えるよりも、しばらく誰かに貸そうと言う発想の転換ができる柔軟性が必要になってきます。



マイホームを手に入れること、何か起こったときのために誰かに貸すこと、この二つを頭に入れておくことが重要です。


家を守るためには、妥協をすることは極力避けるべきですが、何か問題が起こったときにすぐ対処できる柔軟性は大事にするべきです。物件の購入後だけでなく、購入前にも柔軟性を持って物件を選ぶことが基本です。